感染症対策として半世紀以上
理美容業界に関わってきた我々ができること

感染症対策を詳しく

理美容業界の皆様へ、本気で感染症対策しませんか?

1

理美容業界の現状

理美容のプロには守るべきルールが国によって定められています。現実は、その必要性は理解されているものの、コストや時間などの問題により、対策がなされていないところも多いと感じています。
諸説ありますが、HIV感染症は数万人、B型肝炎は約300万人、C型肝炎は約200万人、合せて血中感染症のキャリアは約500万人で我が国の国民の35人に1人という統計があります。

hero-image
2

感染症のリスク

そんな中、刃を日々利用する現場では、毎日、不特定多数の利用客が訪れる一方で、何らかのウィルスキャリアかどうかをお客様に確認することは不可能です。つまり、血液等を通じた感染トラブルリスクは常に目の前にあり、器具等を通じて従業員含め、他のお客様に感染する危険性が非常に高くなっております。

3

感染症の原因と問題

レザーに付着した血液やたんぱく由来の栄養源に菌がバイオフィルムを張ります。その上から通常の消毒作業を行っても汚染物は分解作用を受けずに洗浄の大きな障害になり、残留することが医療業界でも大きな問題となっています。

hero-image
4

最重要課題である感染症問題解決へ

医療の世界で厚労省に推奨され、感染症ガイドラインに指定された特殊酵素を本業界の理容消毒方法に落とし込み、理美容感染症対策システムを確立しました。

ブログ

感染症対策、その他商品など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら